1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス篇――その1 アルザス③ リクヴィル

コルマール駅の横のバス停には定刻通り、106系統のリボヴィレ行きの路線バスが到着し、アルザスのワインの村巡りへ出発する。運転手に行き先を言い、現金を渡して、その場で運転手が行き先を書いた切符をもらう。

DSC03342_20111018160754.jpg
DSC03396.jpg
まず、訪れたのは「ブドウ畑の真珠」といわれるリクヴィルの村。停留所の前に町の入り口の城門がある。城壁で村が囲まれている。

DSC03397.jpg
村に入ると狭い通りは観光客でいっぱい。

DSC03399.jpg
DSC03400.jpg
村の中はメルヘンの世界のような街並み。路上でワインを飲める店もある。

DSC03406.jpg
DSC03401.jpg
ヒューゲルのワイナリーは街の真ん中にある。入るとそこはテイスティングコーナーである。

DSC03403.jpg
DSC03457.jpg
アルザス名物フォワグラを売る店やアルザスを代表する郷土料理、というよりは菓子パン(ケーキ)のクグロフの店もある。

DSC03405.jpg
DSC03407.jpg
珍しく猫も発見。

DSC03409.jpg
10分程度で村を横断して反対側の城門に至る。

DSC03408.jpg
DSC03424.jpg
門を出ると、すぐにブドウ畑が広がる。純粋の農村の風景である。

DSC03422.jpg
DSC03420.jpg
DSC03412.jpg
DSC03413.jpg
レストランはル・サルマン・ドール(Le Sarment d'or)という名の店をミシュランを見て選ぶ。星は付いていないのだがアルザスの郷土料理が楽しめるレストランである。

DSC03426.jpg
早速のアペリティフはチューリップ型のグラスで、クレマン・ド・アルザスを。アミューズの細かい野菜の入ったパスタをスプーンですくう。

DSC03427.jpg
DSC03428.jpg
上品な自家製フォワグラにブリオッシュ(Le foie gras du "Sarment d'or" cristaux de sel de Maldon 22ユーロ)。これには、香り豊かなゲヴェルツ・トラミネールのヴァンダンジュ・タルティヴを合わせる。芳醇な甘さがワインの教科書通りフォワグラに良く合う。

DSC03430.jpg
DSC03431.jpg
DSC03429.jpg
グルヌイユ(カエル)のもも肉のソテー(Les cuisses de grenouilles ail et fines herbes 24ユーロ)はトマトにガーリックやハーブが効いていて柔らかい。

DSC03432.jpg
デザートは焼きメレンゲにチョコレートムース。エスプレッソ。焼きメレンゲはフランスでは良く見かける。

DSC03434.jpg
DSC03435.jpg
村の中にタービンらしきものがあるが発電所だろうか?

DSC03439.jpg
村の中にはミシュランの一つ星レストランもある。

DSC03440.jpg
村の中心から少し歩いたところにあるアガペのワイナリーは昼休み中だったが、戻ると開けてくれた。試飲して1本購入する。

DSC03446.jpg
DSC03452.jpg
ピノ・ノワールはまだ収穫が終わっていない。

DSC03449.jpg
DSC03450.jpg
街の外はすぐにブドウ畑が続く。

DSC03453.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

tag : アルザス リクヴィル アルザスワイン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUem

Author:AUem
財団法人建設業技術者センター常務理事
JSA認定ワインエキスパート
JFAAC認定フードアナリスト(3級)
http://www.uemuraakifumi.
com
香川県企画部長・総務部長
内閣府統括官(防災担当)付参事官(災害応急対策担当)
地域総合整備財団事務局長
北海道管区行政評価局長
等を歴任

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。